弟子の愚問、師の誤答

2009年8月12日(水)

利き腕、利き足ってのは生まれた時点ですでに決まってるのですかね?利き足の負担がどうしても大きくなる→臀部の負担も大きくなる(坐骨神経痛)→腰の負担も大きくなる(腰痛)、というパターンが多いように思います。利き足は意識すれば変えられるものかな、と。
新宿カイロプラクティック

君の質問から疑問符を取り除けば、それが答えになっている。と、思うのだがね。

カイロプラクティック施療においては、利き腕、利き足の話は、物語の始まりとしてかなり重要視するよね。
だけど、利き腕、利き足の起源について考えられることはまず無い。

数万年前、フランスのラスコー洞窟にクロマニヨ人によって描かれた絵画が世界最古のものとされているが、その中に左手を描かれているものがあって、その頃から人は右利きが多かったのではないかと云われている。右利きだから必然的に左手を観察して描く訳だ。太古から利き腕、利き足はあったという事だろう。

では、なぜ?これが難しい。
こんなくだらないかもしれない事に学者たちは本気で考えてくれない。

師匠は世界の片隅でほんのちょっぴり考える。

地球の地軸が23.5度傾いている。利き腕、利き足はその現実に対する訂正ではないのか?そうなると、地球に生きる生物は皆傾きを持っている事になるがな、、、。その時、右利きが有利なのかどうかが問題とされる。

もう一つ考えたいのは、北半球と南半球では荷重が逆になることだ。

そうそう、もう一つあった。俺たちが母の子宮の羊水の中でどんな過ごし方をしたかという事。胎児であった頃にどんな重力的刺戟を受けたか?こんなことが決り手になるんじゃないかな?

2009年8月5日(水)

カイロやマッサージの施術後に痛みが取れたら、内臓疾患による痛みじゃないようですな、と思いたいですがそうともかぎらないかな、と。患者さんを安心させたくなって言いたくなってしまいますが言うべきじゃないですかね。
新宿カイロプラクティック

これは今までの君の数ある質問の中で最高の出来だ。何故なら、この質問の中には多少なりとも君自身が存在しているからだ。

言うべきじゃなくても、お腹の圧痛に対しては、師匠は言ってしまっているな。内臓反射で腹筋の緊張がある場合と、腹筋の偏った使い方でお腹に圧痛を感じる場合との区別がつかないからだ。施療によって、痛みが無くなれば内臓反射ではないことになる。

他の場合は、関連痛の場合もあるから、うかつに安心を安売りしてはいかんじゃろう。

2009年7月29日(水)

どうしてパンツを毎日はくのか、教わったことがないのですが、、、。
新宿カイロプラクティック

今日は質問の質が違うな。しかも、君の頭で考えた形跡が無い。
こういうのを本当の意味で愚問というのだ。第一、カイロの師匠に聞く内容じゃない。文化人類学者にでも聞いて欲しい。

パンツの起源はオシメという事になるのかな?オシメが取れるようになったら何もはかなくったって良いもんだが、男性の場合はブラブラする物がちと気にかかるところだ。女性の場合は必要なないんじゃないかな?実際、日本では着物を着た時は女性はパンツをはかないのが常識だった。男性は褌をしてた。白木屋の火災まではな。

それと秘部というのは、カップル以外の者には隠す事によって価値を高めるという面もあるかも知れない。小さいうちから無意識下でそんな教育を受けているのかも、、、。

2009年7月22日(水)

「どれくらいの間隔で来たらいいのですか」と聞かれたらどうこたえましょうか。体のことだけ考えたらなるべく多く。毎日。でしょうか。
新宿カイロプラクティック

師匠は未だまともに答えられたことが無い。カイロプラクティックの本分から言うと、目的は施療によって患者さん自身の自然治癒能力を回復させる事にある。そして、患者さん自身が自己管理能力を身に着けることにある。ぎっくり腰など急性の場合以外は明日も来て下さいとは、師匠、よう言わん。

商売がらみでは、色々変な話がある。他所の施療者を経て来た患者さんの中には、午前と午後、日に2回の施療を毎日数ヶ月通わされていた人がいる。これなどは、患者さんの恐怖心を煽った、商売上手な、しかし、けしからん施療士の例だ。

師匠の普段の目安は次のごとくじゃ。当初はまあまあ濃密に。症状の改善につれ間隔を開けていく。1週間というのは月の人体に及ぼす影響の関係もあって良い単位だと思っている。だから週単位で施療計画を患者さんと相談して決めるようにしている。患者さんの懐具合もあることだしな。

2009年7月15日(水)

新宿カイロプラクティック

歳を取るにつれて汗をかくようになってイヤですー、という訴えが多いです。が基本的に汗かくのはいいことなんじゃないかねえと単純に思います。どうでしょうか。

おおむね君の見解で良いんだと思う。が、しかし。患者さんは不快を訴えているんだろう?だったら、それは良い汗じゃあないって事になるよね。

汗は何のためにかく?体温調節のため、老廃物の排泄のため。これはアポクリン腺。冷や汗や辛いものを食った時かくのもこちらだろうな。異性を呼び寄せるため。これは現代日本では敬遠されがちだがエクリン腺。これらは正常な汗のかき方といえる。

患者さんが不快を訴える汗というのは、自律神経の回線が狂い、本来の目的から外れた汗と思えば良いのではないか。

▲このページの先頭へ