2016年5月7日
肘痛な、ガンマちゃん

ガンマちゃんは5ヶ月になるお譲ちゃんの母上である。
そのガンマちゃん、左肘が痛いのだそうだ。
赤ちゃんを抱く時、左の腕に赤ちゃんの頭を載せ、いい子いい子とやる事が多い。利き腕を使いやすくするための無意識の習慣行動である。
それだけではない。いたいけない、圧倒的な弱者を相手にする時、人は被保護者を包み込むようにして面倒を見ようとする。
当然、背中を丸め、強い猫背になってしまう。(腰椎後湾、腰椎側湾も伴う事がほとんど)
胸椎1,2番辺りが硬く固まってしまい、腕に行く頚椎4~胸椎1,2番からでる神経根の環境が窮屈になり、肘などに症状が出るのだ。ガンマちゃんには、赤ちゃんが寝入ったり、面倒見が一段落した時点で、それまで取ってきた姿勢の反対の動きの体操をしてもらう事を約束してもらった。
追伸。とても可愛い赤ちゃんでした。

▲このページの先頭へ