2016年4月23日
あっちこっち痛な、アルファちゃん

アルファちゃんみたいに、何処か特定の処が辛いと云うのではなしに、ともかく、体の全てが辛いのよ!と訴える方は意外に多い。
アルファちゃんを施療している時は、徳さん、ヘッドフォンを着用したくなる。
どこを触っても、甲高い叫び声が発せられる。
別に徳さんはサディストではないので、圧痛点を押す時は加減しているのだが、神経が過敏になっている時は、どんなに軽く触られても激痛に感じてしまうらしい。アルファちゃんのお仕事は作家さん。創造の苦しみ、ストレスといえばよいのか。
全身が凝りの塊である。
日本全国を講演するという、常民が味あうことのないストレスも加味している。ご愁傷様。
ともかく、上から下まで、ほぐしあげてから脊椎矯正を執り行うしかない。
筋肉のあらぬ緊張を取った上で矯正するのでなければ危険だからね。

アルファちゃん、徳さんのこんな苦労も知らずに、施療後もあれこれ体の苦痛を訴え続けてる。
まだまだ満足しないのだ。
ああ、アルファちゃん!!

▲このページの先頭へ